top of page

べステック『ダニエルスミスお試し体験会』

更新日:4月11日


鉱物とプリマテックシリーズのダニエルスミス

【ブース内容】ダニエルスミスお試し体験会


アメリカブランド・ダニエルスミス水彩絵具。

青葉画荘でも、2024年2月よりお取り扱いをスタートしました。全266色と他ブランドより遥かに多い色数を誇ります。 中でも特徴的なのは、宝石などにも使われるような鉱物を原料とした「プリマテックシリーズ」の色です。歴史ある色を現代に蘇らせるべく作られました。 ダニエルスミスは、元祖・分離色とも呼ばれており、1色から2色以上の色が分かれて見える色もあります。 当日は、プリマテックシリーズの色見本づくりや、透明水彩絵具全266色をはじめとした、その他アイテムのお試しもしていただけます。 ご来場お待ちしております。


【体験料】無料 【予 約】体験枠の事前予約席を設定予定(別途当日席あり)




べステックロゴ

株式会社べステック

X(旧Twitter)@OfficialWestek Instagram WESTEK_official7 




【物販情報】

準備中




【ダニエルスミス水彩絵具とは】


ダニエルスミスロゴ

1976年設立のアメリカの絵具メーカー・ダニエルスミス社の水彩絵具は、

・PrimaTek(プリマテック)シリーズ:天然鉱物系…36色 ・Luminescent(ルミネッセント)シリーズ:反射・発光系…49色 ・Extra Fine(エクストラファイン)シリーズ:通常色…181色

3シリーズを合わせて全266色と、他ブランドに比べても色数が各段と多いブランドです。




散らばった水彩絵具

ダニエルスミスといえば、特に特徴的で話題になっているのが「Prima Tek」シリーズ。 その中でPrimaTekシリーズは、「鉱石」を原料とした水彩絵具のシリーズで、天然鉱物の顔料(色の元)がもたらす独特の色彩と質感があります。 ラピスラズリ、アメジスト、ロードナイト等、宝飾品でも聞き覚えがある鉱物を顔料として使用した色が、ダニエルスミス水彩絵具にはあります。 ダニエルスミス社では、PrimaTek絵具を作る際には、ピグメント(顔料)として仕入れるのではなく、鉱物の原石をそのままの形で調達するところからスタートするというこだわり。

ダニエルスミスホームページの原料の鉱石一覧は、読み物としてもとてもわくわくしますのでオススメです。




【ダニエルスミスが分離色ブームの元祖?】


ダニエルスミス色見本

1色の水彩絵具を水に溶かして紙に塗った時に、2~3色程度に色が分離して見える水彩絵具の現象や色のことを「分離色」という呼び方をします。

近年この分離色が人気で、各ブランドから「分離色絵具」として新色や限定色が発売されるほどです。





W&N グラニュレーション色と普通色
グラニュレーション色とは粒状感を感じる色のこと

これは元々「グラニュレーション」といって、鉱物系の顔料を使用したような色の場合、紙の凹凸のポケットに顔料が深く沈み、ザラザラとした粒状感に見える効果、現象のことです。色が2色以上に分離して見えることがマストではありません。

また「グラニュレーション」効果のある色かどうかについて国際基準などはなく、各ブランドの判断による表記の為、中には「グラニュレーション色の表記になっていないけど、この色も粒状感を感じるな…?」という色もあります。




グリーンアパタイトジェニュイン



人気分離色ムーングロウとローズオブウルトラマリン


そんなダニエルスミス水彩絵具を試しながら、「この色は分離色」「この色はグラニュレーション効果がある」と探してみてはいかがでしょうか。



ダニエルスミスについてもう少し詳しく知りたいという方は、「ダニエルスミス水彩絵具・スタッフ体験レポ」も合わせてご覧ください。





★ダニエルスミス水彩絵具の三原色、人気BEST10、担当営業さんのオススメ色をお伺いしてみました!


【ダニエルスミス透明水彩絵具・人気BEST10】



【ダニエルスミス透明水彩絵具 三原色】



【担当営業さんオススメ3色】










ダニエルスミスの中で最もグラニュレーションが強い色。

自然の力強さを感じるインパクト抜群な一色です。



プリマテックシリーズの中で最も鉱物の煌きが見える色。

優しい赤×キラキラにとても癒されます。(実物を是非見てほしい!)

  

鮮やかで澄んだ水色。

グラニュレーションが美しく、使い勝手の良い人気の一色です。




*** ご来場お待ちしております。 仙台水彩フェスTOPページはこちら 仙台水彩フェス出展一覧ページはこちら




コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page