コスパ良し優等生水彩紙・ホワイトアイビス水彩紙

更新日:5月11日



青葉画荘研究部・水彩紙連続企画 第一弾は、「ホワイトアイビス水彩紙」 国産水彩紙で、比較的新しく登場した水彩紙です。価格は抑えめでありながら、発色が良く、表面強度もあり、厚みもあるしっかりとした水彩紙です。 画用紙から水彩紙に移行するという方、手早くどんどん描き進めたい方にオススメです。




【平塗り:紙目が表情として出やすい】


上から、ウルトラマリングリーンシェード、コバルトブルー(グラニュレーション色)、ウィンザーブルーレッドシェード(ステイン色)

顔料が均一にのりフラットな紙面です。絵具を色濃くといたときの高発色さが特に良いです。 紙肌は中目ですが、硬いガシガシとしたラフな肌目が見えます。逆にグラニュレーション色はくどすぎず効果的に見えます。



【表面強度良し、洗い出しは難しい】

絵の具で塗ってから30分後に水を含んだ筆で洗い出ししました。 濡らした筆でゴシゴシしても紙がボロボロにならないので、コットン100%の水彩紙ではないながらも表面強度は強めです。 色が染みつくのが早めなので、「やり直したい」レベルの洗い出しは難しいです。ただし少しは解けるので、表現としての洗い出しには良いと思います。




【マスキング耐性:良】

表面強度が強めなので、マスキングも使えます。 色の染みつきが早いので、マスキングを剥がした後に画像のように違う色を重ねても、下の色が溶け出しません。ただし、何度も筆で擦るように塗ると色が溶け出すので、重ねる場合はさっぱりと塗るのが良さそうです。


【にじみ、ぼかしは、水分量のコントロールが大事】


ホワイトアイビス水彩紙は、水分量のコントロールがポイントだと思います。

ウェットインウェットはとげとげのにじみになりがちでコントロールが難しいです。 他の紙と同じ感覚で水を引くと、にじみすぎてしまうので、生乾きぐらいが良さそうです。 ぼかしも塗った直後であれば大丈夫ですが、少し置くと色の染みつきが早いので難しくなります。 そして、色の染みつきは早いのですが乾くのは遅いです。 絵の具を重ねる、色を加えるタイミングと水分量をコントロールできれば、 グラデーションをした上に、色の染みつきが早い特徴を活かして、色を重ねたり、紙肌やエッジを活かした紙面づくりができると思います。



【ホワイトアイビス水彩紙に作品を描いてみてのスタッフの感想】



実際に、スタッフがホワイトアイビス水彩紙に作品を描いてみました。


空の下地を塗っている時、薄く溶いた色もはっきり出るので高級水彩絵の具を使う価値のある紙と感じました。

あと、使用したW&N水彩絵の具の品質の良さを同時に感じました。

色が沈まず色濃く発色されながらも、乾くと色が溶けにくくなるので、一層ずつ色を重ねた絵づくりができます。 紙の摩擦力が強く、コットン紙に描いているようで心地良い描き心地です。


右側の建物の下半分、下地の黄色がない部分にウルトラマリンが表出してレイヤーの混色になっていない部分がありますが、こんなに影響が出ると思ってなかった的な失敗です。

逆にここまで厳密な反応があるということに品質の良さを感じます。

次に描くときは下地もちゃんと輪郭に沿ってしようと思いました。



一度に塗ればフラットに仕上がります。 紙目は荒目よりで表情が強めに出て、エッジも出せます。




雲のところは、違う水分量で並べた時にグラニュレーション的な効果がきれいに出せ、 さらに下が溶けないので層になって…水彩の醍醐味(?)をたくさん感じられると思いました。


乾燥の遅さをドライヤーでカバーして描いていくと、ホワイトアイビス水彩紙の良さがとてもわかると思います。





【ホワイトアイビス水彩紙体験まとめ】

・コットン100%に負けないほど表面強度が強いので安心して使える ・ガシガシとした紙肌で荒目よりの中目 ・フラットに塗ることができる ・乾きが遅い ・色の染みつきが早いので、レイヤーを重ねるような描き方ができる ・ただし、ごしごしと筆でなぞれば色が溶け出す。 ・「やり直し」レベルの洗い出しは難しい。 ・にじみ、ぼかしは水分量のコントロールが特に大事


いかがでしたでしょうか。ご参考になれば幸いです。 スケッチブックの他、A4パッドや色紙など、いろんなバリエーションで販売されているホワイトアイビス水彩紙。4/6判シート以外はすべて店頭在庫品です。

また、弊社通販サイト・画材販売.jpでもお取り扱いがあります。こちらからお求めいただけます。






【データベース】

メーカー:ホルベイン 名前:ホワイトアイビス水彩紙

原材料:コットン配合木材パルプ ラインナップ:スケッチブック(SM、F4、F6、F8)A4パッド、ポストカード、ポストカードロング、大色紙、1/4色紙、ミニ色紙、4/6判) 紙色:ホワイト

1枚あたりの価格:146円(F4ブロック2200円÷15枚)

厚み:300g

紙肌:中目(ただし、他の中目水彩紙よりもガシガシとした目)





【スタッフ作品使用画材】

W&N PWC ・086 カドミウムレモン ・379 マンガニーズブルーヒュー ・191 コバルトターコイズライト ・263 フレンチウルトラマリン ・322 インディゴ ・733 Wバイオレットディープ ・448 オペラローズ ・089 カドミウムオレンジ ・106 カドミウムスカーレット ・548 キナクリドンレッド ・507 ペリレーンマル―ン

・076 バーントアンバー

ホルベイン透明水彩絵の具

・リーフグリーン

・マンガニーズブルーノーバ ホルベイン マスキングインク(瓶入り) ミツワ ラバークリーナー


関連記事

青葉画荘スタッフが、画材・額縁を実際に試して体験レビュー記事を書く企画「青葉画荘研究部」を新しくスタートいたします。 青葉画荘では、定期的に全社員で画材や額縁について学ぶスタッフ勉強会を開いています。 担当がオススメしたい新しい商品や、スタッフが普段描いているジャンルについてなど、お互いに教えあうスタイルの勉強会です。 今回、そんな社内向けだったスタッフ勉強会を飛び出し、「青葉画荘スタッフがオ