絵画公募展に出品するときにオススメな額縁【仮縁】

更新日:4月6日


いざ、公募展に出品しようと思っても、額縁で悩まれることはありませんか?

春や秋になると、いろいろな団体や機構が主催されて、絵画作品の出品募集が盛んになります。 出展した作品は、入選するとギャラリーや美術館などで展示される為、出品規定に額縁付についての記載があることが多々あります。(額縁無しで出品、展示可能なところもあります) 40号、100号など大きな作品になれば、額縁もその分高価になります。 また公募展は、いろいろな場所からたくさんの作品が集まる為、搬入、審査、展示、搬出の中で、どうしても額縁に傷がついたりしやすくなります。

(本縁F30号油彩額 99,825円…)



公募展に出品するときは、「仮縁」という額縁がオススメ



「仮縁」は縁だけの額縁です。 キャンバスサイズと同じ規格なので、キャンバスや木製パネルをそのまま入れることができます。 例えば、F4号のキャンバスであれば、F4号の仮縁がぴったりサイズです。 アルミ製などで比較的軽く丈夫で、傷がついても目立ちにくいです。 本縁は素材が木や樹脂でできているため凹みやすく、ぶつかることで塗りや箔貼りが削れてしまう場合があります。

油額と似ていますが、仮縁は表面カバーと裏板が無く「縁だけ」です。 その為裏側は丸見えで、埃や湿気などの影響を受けて裏側から作品の劣化が進む為、長期保存には向いていません。



青葉画荘のオススメの仮縁は「CDシリーズ」


仮縁は、通常の額縁とは異なり、自分で組み立てる必要があります。

ネジで固定するタイプなどいろいろな仕様がありますが、「CDシリーズ」は取り外して何回も使いやすい金具の仕様になっており、出品する機会が多いという方には特にオススメです。



仮縁は、出荷時、店頭陳列時は箱やビニールでパッキングされています。

CDシリーズは、四辺バラバラの縁の、四つ角にL型の金具を入れ、角ズレが無いように確認しながらネジを締め上げ組み立てます。


仮縁を組み立て終わったら、キャンバス(または木製パネル)をセットし、留め金具で固定します。 この状態でも固定されますが、できれば金具の上から更にネジで固定することをオススメします。 布の分厚みが増しているキャンバスとは異なり、紙を貼った木製パネルなどは特に、仮縁との間にゆとりが生まれます。 作品を運んでいる間にズレたり、擦れたり、留め金具が外れてしまうなどの事柄も考えられますので、ネジを固定したほうが安定感が増します。

「組み立て難しそう…」と不安になられた方もご安心ください。

青葉画荘では、ご購入いただいた仮縁の組み立てを無料サービスでおこなっております。

作品をセットしての納品も可能ですので、遠慮なくご相談ください。 ※無料サービスは仮縁購入納品時のものです。後日持ち込みの場合は有料となりますのでご了承ください。

また、表面に透明なカバーは欲しい」という方、

仮縁にアクリル板の表面カバーを取り付けることも可能です。


入子という細い枠を作品の上に乗せて、その上にアクリル板を乗せて仮縁とで挟む方法と、



ライナーという一回り大きい枠で作品を囲い、その上にアクリル板を乗せて仮額とで挟みます。 表面カバーの有る無しだけではなく、ライナーをつけることで作品と額縁の間に視線の休憩が生まれて、作品への視線移動が緩やかになります。

この他にも、面金をつけるなど装飾を増やしたりすることもできます。




例えば、ゴールドの仮縁と一口にいっても、いろんなゴールドがあります。 青葉画荘では、仮縁のコーナーサンプルも多数そろえておりますので、実際に作品に合わせてみてデザインを選ぶことができます。

「額縁幅〇〇以内~」「マット幅〇〇以内~」「ガラスは不可(アクリル板は可)」など、公募展の出品規定には額縁についてもいろいろと記載されているかと思います。 「よくわからないな…」と思った際は、お気軽に青葉画荘スタッフまでお尋ねください。 想いを込めて描かれた作品の最後の仕上げとして、規定に準じた額縁選びを一緒に考えさせていただきます。

みなさまのご来店、お待ちしております。 ※納期は1週間~2週間。サイズやデザイン、加工方法によって異なりますので、搬入日までに余裕をもってお越しください。 ※CDシリーズの参考価格 F40号フレームのみ…定価16,720円

※表示価格は2022年3月1日時点のものです。価格は変更する場合があります