もっと気軽に絵を描こう♪

2016.8.9

top

旅行に行った思い出をちょっとスケッチしたり、好きな雑貨やアイディアをちょっと描いてみたり。

小さなスケッチブックに気軽に絵を描くときに、オススメな画材を集めてみました!

絵を描く、というと敷居が高く感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
「ちょっと、描いてみようかな」という好奇心だけで十分だと思うのです。

手軽なスタートセット

絵具が固形状になってパレットに入った水彩セット。筆でなぞり絵具を溶かし出して使います。
使うときに蓋をあけるだけでいいので、携帯にも便利で片付けも楽々(^^♪

イギリス生まれの水彩セットに入っている12色は、ピンク系やセピア系などがあり、旅行の思い出や雑貨などの日常スケッチに最適な配色になっています。

水彩色鉛筆セットもあります。

色鉛筆としての使い心地はそのままに、水を含んだ筆でなぞると水彩絵具のように溶けだすという二つの特徴を兼ね備えた水彩色鉛筆。こちらもスケッチにオススメです。

スタッフおすすめの水彩色鉛筆「インクテンス」ダーウェントというイギリスブランドのもので、溶けだした色の発色がとにかく鮮やか!
水彩色鉛筆選びに悩んでいる方は、ぜひインクテンスをお試しください。
サンプルもあるので、使い心地を試したい方は、スタッフまでお申し付けください。

水彩絵具がマーカーになりました!

イラストユーザーからも支持されているWINSOR&NEWTON「ウォーターカラーマーカー」。
水彩絵具がマーカーになったタイプなので、文具の水性マーカーとは異なり、にじみやぼかし混色などもできます。
水彩紙で使っていただくと、よりその差が分かりやすいかも。

柔らかい筆のようなニブ先と、細くて固いニブ先のツインタイプなので、筆では難しかった直線や文字なども描きやすいです。

スケッチブックもいろいろ

水彩絵具用のスケッチブックなどもあります。
水彩絵具で描くと、紙が波打ってやだな…という方は、ブロックタイプかワーグマン水彩紙のような厚手の紙がおすすめですよ。

いつでもどこでも画伯気分♪

思い出や好きなものをちょこっと描きたいなというときに便利な画材セット。

ご来店の際は、店舗入り口特設コーナーもお立ち寄りください。