版画の季節ですね

2014.10.23

top

日に日に、朝夕の冷え込みを感じるようになってきました。
4時くらいになると、外が真っ暗で、冬の気配さえ感じますよね。

さて、今年もやって参りました!

版画の季節!!

この時期、来年の年賀はがきやカレンダー用として、版画制作をされている方も多いのではないでしょうか。

只今、青葉画荘の店舗入口では、木版画コーナーを強化展開しています。

版木や彫刻刀、版画絵具、バレン、版画用紙、砥石、ぼかし刷毛などなど。

木版画用の版木は三種類ございます。

「しなベニヤ」
学校などでもよく使われている馴染みのある版木です。
両面彫れるようになっています。

「朴(ほう)」
木質が均一で緻密な版木で、やわらかくて彫りやすいです。

「桂」
朴よりも更にやわらかくて彫りやすく、様々な加工に使われています。

お好みに応じてお選びいただけます。
当店での人気は彫りやすい朴版木でしょうか。

手軽な、消しゴムはんこ。


最近は本当にいろいろな種類が出ていますよね。
バラの香りがするもの(!)や、彫ったところがわかりやすい二層カラーのものなど。

篆刻の形の消しゴムはんこで名前を彫って、年賀状にサイン代わりに押すのもいいですよね。
消しゴムはんこ用の取っ手なども出ているので、小さい作品に付けると使いやすくなりますよ。

色を塗る際に使うと、ぐっと雰囲気が出る、ぼかし刷毛。
毛の硬さで、馬毛と鹿毛の二種類があります。

はがきサイズのほか、ハーネミューレやアルデバラン、甍などの版画紙もございます。
画用紙やケント紙もいいですが、まふっとした柔らかな質感の版画紙に押された版画作品は、
また風合いがあって、素敵です♪
見比べて、お好みの紙を探してみてはいかがでしょうか。


印刷されたものもいいですが、作り手のぬくもりが感じられる版画も素敵ですよね。